「共同提言 対北政策の転換を」を批判する②――「介入の論理」

  なぜ、日本は朝鮮との国交正常化を行わなければいけないのか。これは当たり前のように見えて、とても重要な問いだ。「提言」は、前の記事で書いたとおり、朝鮮とは国交が無いから、国交を結ぶべき、と記していたが、これは循環論法である。国交云々の話をするからには国交が無いに決まっている。重要なのはその先だ。もし「侵略責任継承国」という認識があるならば、国交が無い状態は責任遂行が未済の状態であると理解される。つまり日本が変わらなければいけないという認識になる。この責任を果たす必要があり、その過程で国交正常化が行われる、という論法になろう。

 だが「提言」にその認識は無い。ただ漠然と「日本は一九四五年八月一五日以前の関係を清算する作業をアジア諸国との間でながい歳月かけて行ってきた。この国との清算は最後に残った作業である」(124)と記されているだけである。(この一文は、戦後日本の対アジア関係の評価について興味深い論点を含んでいるが、この点については後述)。繰り返すが「侵略責任継承国」としての論理ではない。

 その代わりに「提言」が持ち出すのは「介入の論理」である。おそらくは「あんな危険な国と国交正常化するべきなのか」といった類の意見を念頭に置きつつ、朝鮮の経済難、日朝間の関係遮断、そして世論調査で朝鮮が日本人のもっとも「嫌いな国」にあがったことに触れた上で「提言」はこう語りかける。

 「このままでよいはずがない。隣の国を理解しようと努めること、その苦難に心寄せること、隣人が飢えていれば助けること、敵対と緊張をつくりだす要因をとりのぞくこと、危険な核ミサイルの開発配備をやめさせること、拉致問題の解決を進めること、隣国を「嫌う」のをやめるように努力すること――これが当然に必要である」(125)
 「朝鮮民主主義人民共和国とわれわれの関係を変えたい、この国のありかたも変わってほしいと思うなら、世界のすべての国の中でこの国とのみ国交をもたない、この国との過去の歴史を清算しないままにしている、そういう自国のありかたを変えることが必要不可欠なのである」(同上)


  下線部に注目していただきたい。 「ありかたも変わってほしい」「この国」は続く文章との関係から、朝鮮であることがわかる。(核ミサイル開発配備を念頭に置きつつ)朝鮮に変わって欲しいと思っているのなら、国交正常化が必要だ、「提言」はこう記している。

  これを私が「介入の論理」と呼ぶのは、まずどこを探しても日本が変わることが国交正常化と関連付けられていないからだ。問題は日本にあるわけではないのだ。「提言」からすれば、変わらなければいけないのは朝鮮の方なのである。核を配備したりする朝鮮を国交正常化を通じて変えられれば、日本の世論も「嫌い」とは思わなくなるだろう、だから朝鮮を変えるために国交正常化しよう。まさに「介入」としての国交正常化である。

  植民地支配責任を果たすこと、つまり日本自体が変わることなど全く問題にされず、代わりに朝鮮を変えるための「国交正常化」という「介入の論理」が用いられる。「嫌い」と感じる「空気」を正面から相手にせずに、その「空気」に寄り添って国交正常化が必要だと説く。こういうのを「俗情との結託」というのではないか。
by kscykscy | 2008-10-19 06:53 | 世界「共同提言」批判
<< 日本独自の「制裁」と民主党の「... 「共同提言 対北政策の転換を」... >>