米軍の朝鮮人捕虜尋問記録の「発見」?――『毎日新聞』6月10日付記事について

 『毎日新聞』は6月10日付で、米軍の尋問調書を米国立公文書館で「発見」したとして下記の通り報じた。

米調書発見 日本の支配、過酷さ記録 慰安婦「志願か身売りと認識」
朝鮮人捕虜:米の尋問調書発見…日本支配の過酷さ記録
朝鮮人捕虜尋問:米、反日意識鼓舞狙う?
朝鮮人捕虜尋問:調書の概要

 記事によれば、かつてアジア女性基金の資料委員会は、米軍による朝鮮人捕虜の尋問記録のうち、捕虜の「回答」のみを発見した。これはその後「所在不明」となっていたが、2016年に入って「見つか」ったという。また今年3月、浅野氏と毎日新聞は新たに米軍がいかなる「質問」をしたのかを示す資料を「発見」したという。つまり、この記事は【資料1】捕虜の回答と【資料2】米軍の質問という二つの資料を扱っており、後者がこの度「発見」されたものということになる。

 記事に掲載された浅野・秦・木宮・熊谷各氏の資料解釈もただちには納得しかねる部分があるが、それ以前の問題として、この『毎日』報道に対しては、韓国の研究者から「研究倫理」と「報道倫理」を問う批判が示されている。すなわち、浅野氏及び毎日新聞が「発見」したとする【資料2】はすでに公表されており、今回の「発見」報道は妥当性を欠くというのである。重要な指摘と思われるので以下に紹介したい。

 指摘したのは聖公会大学の康誠賢研究教授(社会学)である(*1)。康誠賢氏によれば、『毎日新聞』6月10日付報道が依拠した二種類の資料は、それぞれ下記の通りである。

【資料1】“Composite Report on Three Navy Civilians, List no. 78 dated 28 Mar, 45, Re Special Questions on Koreas”
【資料2】Special Questions for Korean PWs, 1945. 4. 4.

 前述のとおり、【資料2】が今回毎日新聞と浅野氏が「発見」したとされるものだが、康誠賢氏によれば、この資料はすでに昨2015年2月に、ソウル大学校人権センター日本軍「慰安婦」米国資料調査チームが公表しKBSニュースと『聯合ニュース』で報じられている。また、その後に制作されたKBSのドキュメンタリー『連れていかれた少女たち、ビルマ戦線から消え去る』でも言及されているという。康誠賢氏はソウル大学校人権センターのチームの一員であった。

 康誠賢氏は自身のfacebook上で、今回の「発見」報道に対する論評として、【資料2】は「すでに本調査チームが2015年1月に発掘し、韓国のメディアに公表したものだ。これをもってあたかも今年の3月に自身らが新たに発掘したかのように書くことは、この重要な時点においては、意図的であろうがなかろうが歪曲である。その内容も悪意的である。」と厳しく批判し、「浅野教授と毎日新聞の研究倫理と報道倫理」を問うている。

 確かにweb上に残された記事をみても、2015年2月にKBS及び聯合ニュースは朝鮮人捕虜に対する米軍の質問(【資料2】)も含めて、国史編纂委員会とソウル大学校人権センターが「発掘」したと報じている(*2)。2015年2月27日付の『聯合ニュース』報道の一部を以下に翻訳しよう。

「太平洋戦争当時、日帝が朝鮮人女性が軍慰安婦として強制動員した事実を米軍が認知していたことを立証する、米国側資料が第96周年3.1節を前に公開された。
 国史編纂委員会(国編)とソウル大学校人権センターは、米国国立公文書記録管理局(NARA)とマッカーサー記念図書館にて調査・発掘した日本軍慰安婦関連資料のうち、日本軍捕虜尋問に関連する文献を27日公開した。
 これらの機関によれば、太平洋戦争期米軍は捕虜尋問を専門に担当する組織を地域または戦域別に置いた。連合軍翻訳通訳部局(ATIS)、東南アジア翻訳・尋問センター(SEATIC)、戦争情報局(OWI)、戦略諜報局(OSS)などでこれらの組織を運用した。
 米軍は捕虜のうち、技術・戦略的に重要な情報を持っていると判断される捕虜は、米国カリフォルニア州トレイシー基地に移送し、再尋問した。
 当時、米陸軍省が1945年4月4日、トレイシー基地に下達した「朝鮮人捕虜に対する特別尋問」(Special Questions for Korean PWs)文献からは、当時米軍が日帝の軍慰安婦強制動員の事実をすでに知っていたことが明らかになる。
 あわせて30の質問項目のうち、18番目の質問項目をみると、米軍は捕虜に「一般的に朝鮮人たちは日本軍が慰安婦として働くように朝鮮の少女たちを充員したことを知っていたのか?このプログラムに対する普通の朝鮮人の態度はいかなるものか?捕虜はこのプログラムのために発生した何らかの騒乱や抵抗を知っているのか?」という質問を朝鮮人捕虜にすることになっている。
 国編関係者は「30の質問項目のうち、軍慰安婦関連項目が含まれていることは米軍がすでに軍慰安所制度について相当の情報を蓄積し、この問題を重要なものとして取り扱っていることを意味する」とし、「朝鮮人の抵抗があったのかを聞いたのは、対日本軍心理作戦において朝鮮人と日本人のあいだの葛藤を活用できるとみたため」と語った。」

 この報道からも、今回浅野氏及び毎日新聞が「発見」したとされる【資料2】の米軍による質問項目は、2015年2月に国史編纂委員会とソウル大学校人権センターによって公表された資料と同一のものであることは明らかであろう。

 もちろん既出の資料を利用し、その解釈を公表することが非難に値するわけではない(当然のことである)。だが、今回の報道は明らかに質問項目の「発見」を重要なニュースバリューの一つとして提示している。相当なことでもない限り、既出の資料の解釈が全国紙の一面を飾ることは想像しがたく、資料の「発見」がこの記事の価値を裏付けていることは明らかであろう。

 康誠賢氏の指摘のとおり、浅野氏及び毎日新聞が資料を「発見」したとの報道は、上記の韓国における資料調査と公表の事実を無視したものというほかない。浅野氏や毎日新聞は2015年2月の韓国メディアの報道を知らなかったのであろうか。知っていながらあえて「発見」と報じたとは考えたくはないが、仮に知らなかったとしても資料「発見」を報じるための最低限の裏付けを欠いているといわざるをえず、「研究倫理と報道倫理」を疑われても仕方がないだろう。毎日新聞社は早急に事実関係を確認し、「発見」報道を訂正するべきではなかろうか。

*1 康誠賢「6月10日付『毎日新聞』記事に対する論評」

*2 KBS及び聯合ニュースの報道は下記の通り。

[단독] “버마 위안부는 모두 조선인”…‘일본군 심문’ 입수[KBS]
[취재후] 버마 전선의 위안부, “그들은 모두 조선인”[KBS]
"미군, 조선인 일본군 포로에 軍위안부 문제 물었다"[聯合ニュース]
軍위안부 문제 관련 진술 담긴 미군의 포로심문 문건[聯合ニュース]
軍위안부 문제 관련 문항 담긴 미군의 포로심문 문건[聯合ニュース]

追記(6/12)

 康誠賢氏は前掲の論評の続編を自身のfacebookに投稿している。

康誠賢「6月10日付『毎日新聞』記事に対する論評(2)」
康誠賢「6月10日付『毎日新聞』記事に対する論評(3)」

 論評(2)で康氏は次のように指摘している。

「何より、資料を新たに発掘したと公表しながら、果たして本当にそうかと左右を確かめてみなかったことも、結果的に意図したかどうかとは関係なく、このようなやり方で『毎日』に記事化したことは、研究倫理の点で責任を負うべき部分があるように見える。
 率直にいえば、日本軍「慰安婦」研究者として言論に公表された韓国の資料調査発掘状況を確認しなかったことは、彼が研究者として不誠実である証拠であるか、そうでなければ、韓国などはみないでもよろしい、という[姿勢を想像させる:訳者注]ものだ(あるいは仮に韓国で調査発掘されたことを確認したにもかかわらず、今年3月に自身が発掘したと主張したのであれば、これはより深刻な問題である。そうでないことを信じたい)。」

(鄭栄桓)


by kscykscy | 2016-06-11 00:00 | 歴史と人民の屑箱
<< 研究集会「『慰安婦問題』にどう... 拙著『忘却のための「和解」 『... >>