紹介:首都圏労働組合「岩波書店就業規則改定案の本質」

 以前に触れた岩波書店の就業規則改定問題について、首都圏労働組合に新しい記事が掲載されている。就業規則改定案の問題点が詳細に指摘されているのでご一読いただきたい。「強調しておかなければならないのは、「良心的出版社である岩波書店にとってこんな改定案はふさわしくない」ということではなく、この改定案こそが、岩波書店の経営陣の実像と、彼らが推進してきた<佐藤優現象>その他の現象の性格を体現している、ということである」という認識は広く共有されるべきだろう。

首都圏労働組合「岩波書店就業規則改定案の本質」
by kscykscy | 2015-04-04 00:00
<< 朴裕河『和解のために』をめぐる... 朴裕河氏の「反論」について >>