再掲・天皇訪韓について

 天皇訪韓問題について三年前に書いた文章を再掲する。

  和田春樹の天皇訪韓提案と「東アジア共同体」
  http://kscykscy.exblog.jp/10524714/

  再び天皇訪韓と和田春樹、そして「鳩山談話」について
  http://kscykscy.exblog.jp/11949746/

 李明博の発言が天皇への謝罪要求とまでいえるかは疑問である。確かに天皇は自らの父・祖父・曽祖父が犯した朝鮮支配の罪を謝罪し、その償いを実行に移す責任を負っている。だが現実をみれば、もし天皇が訪韓するにしても、日本政府の公式見解--つまり併合合法論の枠から出ることはありえない。この発言も朴槿恵あたりが自分は李明博とは違う、という材料として最大限利用してうまいこと親日をカモフラージュするのがオチだろう。

 警戒すべきは天皇の訪韓が日本の排外主義とは異なる、平和主義的な何かのようなイメージが作られてまやかしの「和解」が演出されることである。一方で狂乱した日本人たちが在日朝鮮人に襲いかかり、その後に残るのは天皇が訪韓したのにまだ過去のことを騒ぐのか、といった抑圧的空気だろう。植民地支配追求にとって百害あって一利なしである。
by kscykscy | 2012-08-19 14:07 | 日朝関係
<< 「日本は世界で最も開かれた国な... 独島問題と日本の朝鮮支配 >>