何に怒るのか――朝鮮学校と高校「無償化」問題⑧

 朝鮮学校を排除した高校「無償化」法案が衆議院を通過した。鳩山政権はこれまでの日本政府と全く同様に、朝鮮高校を「高校」と認めなかった。政府は、朝鮮高校が「高等学校の課程に類する課程を置くもの」かどうかの判断を第三者機関に委ねるという。それでは田中真紀子衆議院文部科学委員会委員長をはじめとする国会議員らは東京朝高で何を「視察」したのか。人を馬鹿にするにもほどがある。
 
 今回、こうした朝鮮学校が高校「無償化」から排除された背景には、中井をはじめとする極右派の攻撃があることは確かである。だが政府関係者がしきりに繰り返した「外交上の配慮や教育の中身は判断材料にならない」(川端文科相)などの弁解も、中井的なものと別のことを言っているわけではない。しつこく書くが、大学受験資格から排除した時でも、文科省が朝鮮学校を排除した表向きの理由は「外交上の配慮」ではなかった。そんなことを堂々と認める役所があるわけないだろう。実際には「外交上の配慮」なのであるが、それをそうではないと強弁するために本国との関係について「公的確認」ができるかどうかなどという恣意的概念を創出したのだ。『毎日新聞』によれば、「ある文科省幹部は『教育行政として、省令の基準を検討している。外交上どうだとかという世界ではない』と困惑の表情」を浮かべた云々とあるが、この「文科省幹部」は何をカマトトぶっているのか。そしてなぜ『毎日』はこんな「困惑の表情」を垂れ流すのか。そんな「表情」など活字であっても見たく無い。
 
 今般の朝鮮学校排除はこのように一から十まで朝鮮人を馬鹿にしきった屁理屈の積み重ねによって遂行されている。これほどの理不尽が跋扈するなかで、平常心でいるほうが難しいのである。朝鮮人はもっと怒っていいはずなのだ。怒るべきは、これまでに類を見ないような差別が行われたからではない。もちろん「友愛」とか言っているのにそれを実現していない云々でもない。半世紀以上にわたって朝鮮人の民族教育を貶め、壊してきた日本政府が、また性懲りも無く悠々と同じことを繰り返している事実に怒るべきなのである。朝鮮学校を排除するためなら手段を選ばない『産経』や在特会に、そして、朝鮮学校も変わったんだからそろそろ許してやれといっている『朝日』に怒るべきなのである。
 
 怒ってもよいがゆえに、朝鮮人側は必要以上のことを語る必要はない。義務もない。日本政府は「高等学校の課程に類する課程を置くもの」は高校「無償化」法案における「高等学校等」に含めるという法を定めた。だが朝鮮学校は排除するという。では朝鮮学校が「高等学校の課程に類する課程を置くもの」ではないという理由を挙げてみせよ。問うべきことはその一点に過ぎない。「確認ができない」などというまやかしに耳を貸す必要はない。朝鮮学校がインターハイでよい成績をおさめているとか、多くは日本の大学に進学するとか、韓国籍や日本籍の子もいるとか、朝鮮学校卒業生はこれから日本で暮らす子達なのだとか、はたまた日本の高校とほとんど変わらないとか、そんなことを持ち出して卑屈に懇願する必要は無いのである。仮にインターハイの「イ」の字もしらないような学校であろうが、全員が日本の大学になど見向きもしないような学校であろうが、全員が「朝鮮籍」であろうが、在学生や卒業生たちのほとんどが一日でも早く日本を離れることを夢見て努力していようが、朝鮮学校の排除は許されないのである。
 
私は2010年の排除だから怒っているのではない。1990年代に東京朝高に外国人登録証の住所変更をしなかったとかいう「微罪」で機動隊がなだれ込んできたことにも怒っているし、国鉄・JRの定期券の「通学」割引を朝鮮学校に認めなかったことにも怒っているし、受験資格はおろか大検の受験資格すら認められずに理不尽なダブルスクールを強いられたことにも怒っているし、1960年代から1970年代に朝鮮学校を取締ろうとして外国人学校法案なるものを作ろうとしたことにも怒っているし、1950年代初頭に都立時代の東京朝高に警察隊がなだれこんできたことにも怒っているし、1948-49年に死ぬ思いで作った朝鮮学校をぶっつぶしたことにも怒っているし、戦時期に「皇民化」教育を強制したことにも怒っているし、1930年代中盤に在日朝鮮人の民族教育を取締・簡易学校等を警察力で強制閉鎖したことにも怒っているのである。そして、この全てを食い止めることができず、むしろ支持し、2010年現在でも朝鮮学校排除賛成53%という数字をはじきだす日本の一般人に怒っているのである。
 
 前にも引用した『毎日』の記事はおそらくは何の気に無しに「一方、朝鮮学校への対応は、歴史的経緯もあり簡単ではない」と書いた。下品な一文である。「歴史的経緯もあり簡単ではない」とはどういうことか。つまり、いま認めてしまうと、これまでの排除や弾圧も間違っていたことになってしまうから「簡単ではない」ということではないか。文科省はこれを認めると受験資格まで認めなければいけないのではないかと恐れているのではないか。だからこれまでの弾圧は全ては正しかったが、今回からは朝鮮学校を排除しないでおいてやる基準をどう作るかに「良心」ある人々は「困惑」しているのではないか。『朝日』の、変わったから許してやれ、という擁護論はそのための下準備をしてあげているのではないか。はっきり書いておくが、日本政府はいまだけ間違っているのではない。ずっと間違っているのである。ずっと間違っているから、いまも間違えるのではある。だからこそ、朝鮮人が歴史を持ち出し、怒りを表明することは決して間違っていないのである。
by kscykscy | 2010-03-24 17:33 | 朝鮮学校「無償化」排除問題
<< 戦後日本政府の在日朝鮮人「政策... やはり橋下府知事を朝鮮学校に入... >>